専門誌買取の注意点

専門誌買取を依頼する場合の注意点については色々とあります。専門誌は高く買い取ってもらえるケースが多いですし需要も高いですが、やはり中身を確認したときに、線が引いてある、書き込みがされている、水に一度濡れた後があり、水を吸っているような場合には、買取が出来ないでしょう。また極端に破損していて、ページが1枚足りないとか、読むのに支障をきたすような破損は、どんなに専門誌の中で相場が高く需要があるものだったとしても買取が出来ないケースがあります。カバーが無くなっている、表紙がボロボロであるなど、次に古本として販売することを考えると難しいような商品は買取できませんから、その辺りは覚えておいた上で買取を依頼しましょう。専門誌の中でも、百科事典や、文学全集など、個人が書いたものではなく、様々な著者が描いた作品を何冊も全集としてまとめているような場合には、専門誌であったとしても買い取ってもらえないケースが多いでしょう。

店にもよりますが、在庫過剰になっている、需要が飽和状態になっているような専門誌についても、さばけないことを理由に、買取してもらえないケースがありますので注意しましょう。専門誌買取を行っている店舗に、買取前の注意点を確認した上で依頼しましょう。注意点はホームページがある場合には、そちらに記載されていると思います。ない場合には、電話での口頭説明等があったり、郵送で買取前の注意点が送られてくるケースもあります。

高く買い取ってもらうには?

関連エントリー

ネットの方が高い理由 専門誌買取の特徴 高く買い取ってもらうコツ 専門誌買取の注意点 人気のある専門書